赤い酔星 通常の3倍酔っ払いながらのウイスキー&テツ旅ルポ

鉄道旅とウイスキーあっての楽しく豊かな人生であります。。

シークレットスペイサイド 1992 25年 バレル #6065 ハイランダーイン秩父オリジナル

f:id:iida200:20200706195816j:plain

 

れは美味かったなぁ

立ちはいい
しっかり語りかけてくる印象
緑色のトロピカルやメロン
奥から絞りたてのウォート

アタックも香りの印象そのまま
やわらかなトロピカルと
印象的な心地よい樽渋
余韻長い、一貫してトロピカルとメロン
グラスを離した瞬間にまだ青いバナナ

ひとことでいってキウイフルーツ、、
買おうと思えば買えたのに勇気なくて後悔

BBIに勝るとも劣らない素晴らしいトロピカル
 

 

 

maruetsuのレベルが高い!

f:id:iida200:20200704114853j:plain

しか信じないっ❗️

肴は半額だから食べたいとこから 、
酒は庶民だから一杯目だけは高い酒 、、
二杯目目からはふつーの酒を (笑)

よい子悪い子ふつーの子‼️ 笑


こうやって夜な夜なスーパーで深夜半額になってから
酒の肴を買い求めて飲っているわけですが
maruetsuさんの鴨肉スライスと焼豚はレベルが高く
これがあるだけでバーボンがすすみます。
やっぱり肉にはバーボン!
でもメイカーズよりはもうチョイDRYなのが合うかな?

そんなんで写真にもチカラが入ります 。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチローズモルト&グレーン505/OB for飲食店

f:id:iida200:20200703171626j:plain

 

興味津々
立ちは中程度

おだやかに語りかけてくる印象
駄菓子屋さんの紐付きクジについてるみかん飴
粉っぽい香り 奥からレモネード 

アタックはバランス系
おだやかな口当たり
酸、甘、柑橘の順番
品のよいシトラスがお口いっぱいに広がる
ハナに抜いて地方にあるケーキ屋さんのレモンパイ
モルト比が率高いというわりには余韻は ??


一昨年、吉川氏をお呼びして
秩父ブレンデッドウイスキーテイスティング会を主催してますので
かなり興味津々で飲んできました。

これを飲むと白札の樽感ってなんだったのかわかる気がします、、
ベンチャーのブレンデッドのなかでは異端 。。


#チェアリー

 

 

いい酒なら旨いということでもない

f:id:iida200:20200701085047j:plain

 

雨の日はスーパーの半額が豊作!
お刺身がおいしいなぁ

うまそうな刺身が手に入ったけど
長い素籠り生活でアイラを切らしてしまった。
で、旧余市NAはソーダ割りにしたことなかったから
試しにやってみたけどピートよりバニラが出ちゃって
う~ん、、、 失敗だなぁ。
二杯目はハイニッカで余市をフロートにしてみたけど
フルーティーさの方向がちがってこれも失敗、、

まぁこんな夜もあるさ 。。

出遅れたっ!

f:id:iida200:20200628225519j:plain

 

出遅れた

嬉しいことがあって浮かれてたから
スーパーへいくのが遅くなっちゃって
チャーシューしか入手できず …

仕方なく冷凍ブロッコリでも添えてみたが
まだテーブルが淋しいから
いいアメリカンウイスキーを合わせたよ。。

ピザと志村と父の日と

f:id:iida200:20200622121959j:plain

 

オイラは独りモンだけど
みんなの昨日父の日投稿はメイカーズだったから
小雨そぼ降るなかスーパーへ買いに出たが
Pスーパーは2580円、Mスーパーは1880円、、、
この差はいったい何なのか???????

まぁいいさ

帰ってきたらお隣さんからピザをあげるから
この3枚の中からどれか選べ!という。
オイラは思慮深い性格(?)だからいちばんシンプルなのを。

(ブクブクブク なんだか池の女神を思い出した・・・)

まぁ 志村さんの追悼番組でもみながら
シンプルに楽しむとしますかねー

今晩は思いっきし和食で和み

f:id:iida200:20200620073757j:plain

 

 

今晩は思いっきし和食!

故・竹鶴政孝爺は

ウイスキーを飲むときは何も食べるな! ”

とニッカの社員たちを指導したという。
が、食中酒としてS社が売上を伸ばすのを見て
密かに晩酌に合うブレンデッドを、と考えたのが
ブラックニッカSPなんだと思ってる。
タヌキで飲食店向けに営業した社S社に対し
家庭での晩酌に向けたニッカにより親しみをカンジる庶民です 笑

で、そういう指導を受けたブレンダーチームが
ウイスキー冬の時代にトライした苦心作が
スーパーニッカ ” 和味 (なごみ )”  。
出汁と合わせるようにと土っぽい余市モルト
みりんに合わせるようよく熟成をされた
黒糖っぽくて甘いカフェグレーンを合わせた上で
食中に飲み易いよう低めの度数で表現したのかと思う。

自分のような年齢の昭和のおとうさんたちは
こういう晩酌をしたのかなぁ 、、
とか思いを馳せる六月の小雨そぼ降る夜 。。

 

 

 

 

 

f:id:iida200:20200620074523j:plain

裏ラベルを上げておきます